当院の施術方法について

さんさん整骨院は根本改善のため独自のSSB整体法を採用しています。

SSB整体法とは

足と骨盤を矯正することで、体の土台を安定させて、痛みの出ないからだづくりをします。

 

施術には、痛みがあるところを施術して楽にする「対処療法」と、痛みの原因を取り除き根本から解決する「根本療法」とがあります。

 

さんさん整骨院では、『痛みが出ないからだをつくること』『繰り返し痛みを出さないこと』が重要と考えます。そのため「根本療法」を施術の中心としています。

最先端の施術法と、のべ5万人を超える臨床経験を基に、足と骨盤を矯正することで体の土台を安定させる「SSB整体法」を独自に開発いたしました。

そもそも痛みはどのように発生するのか?

痛みが発生するメカニズム

  • 1.足の機能が弱くなる(重心バランスが崩れる)
  • 写真
  • 2.骨盤にゆがみが生じる
  • 写真
  • 3.体全体がゆがみ、姿勢が悪化する
  • 写真
  • 4.負担が一部に集中する
  • 写真
  • 5.その箇所を痛めてしまう。

体を支える部分からゆがみが全体へと広がり、結果として痛みが生じてしまいます。首や肩など上半身の痛みも、足元から姿勢が崩れて発生することがほとんどです。

 

つまり、「根本から改善する」ためには「足部」「骨盤」という体を支える支持基盤を矯正する必要があるのです。

SSB整体法の施術方法

1.検査

今、体がどのような状態にあるかを正確に把握することが、効果ある施術の第一歩です。

 

足裏バランス測定機フットルックを用いて、足のどの部分に体重がかかっているかを調べます。

そして立ち方・歩き方・関節の動き・筋肉の状態・骨盤のゆがみを詳細に検査して、痛みの原因を探っていきます。

2.施術

さんさん整骨院では、手による施術が最も重要であると考えています。

 

我々の手はセンサーの役割を持っています。そのセンサーで患者様の体の状態や変化を触知しながら、骨盤を中心に骨格を矯正し、固くなり痛みを出しながら骨をゆがませる筋肉をゆるめます。

また、骨盤周りの矯正をするためのブロック(SOT・仙骨後頭骨テクニック)や、背骨や足関節の動きを矯正するアクチベータなどの器具を用います。 

筋肉が強く痛んでしまっていたり、硬くこわばってしまっている方には、 特殊電気ハイボルトを使用して施術効果を高めます。

SSB整体法の効果

  • 1姿勢や歩き方が美しくなります
  • 2症状改善の即効性が高く、効果も持続します
  • 3体調を崩しにくい丈夫な身体になります

来院頻度の目安

効果を最大限に発揮するため短期集中施術をおすすめしています。

■通院初期

初期は元の悪い状態に戻ろうとする骨格を正しい方向に矯正していくために、3~5回ほど続けて来院いただいています。

■安定期

症状が落ち着いてきたら週2~3回、そして週1回と徐々に間隔を空けていきます。

症状にもよりますが約1~3ヶ月(回数にして8~12回ほど)での治療終了を目指します。